{google}
電子レンとラップの使い方と特性について
中華大辞典HOME >  電子レンとラップの使い方と特性について
point!!

電子レンとラップの使い方と特性

ちょつとしたコツを覚えると、さらに便利になる電子レンジ。美味しく作った中華も、全部同じラップのかけかたじゃダメなんですよ!

■ポイント
電子レンとラップの使い方と特性について
今は、ほとんどの家庭に普及している電子レンジです。
電子レンジは、マイクロ波という電波によって分子を振動させて摩擦熱を起こして、食品を加熱します。
この特性を利用して上手な、加熱方法を覚えて欲しいと思います。
■炒め物の場合
電子レンとラップの使い方と特性について
炒め物は、なるべく平たい耐熱皿にのせて、ラップをかけずに加熱しましょう。
このとき食材は均一に温まるように、高さや全体の面積が均一になるようにしましょ
■揚げ物の場合
電子レンとラップの使い方と特性について
揚げ物は、すぐに、べちやべちゃになってしまうので、下にクッキングシートなどをひいて、ラップをかけずに加熱するとカラッと仕上がります。
■あんかけ物の場合
電子レンとラップの使い方と特性について
あんかけ物には、ピーンと張らずに、ふんわりとラップをかけて加熱しましょう。
片栗粉が多めに使われているので、とろみを強くしないために・・・
■煮物の場合
電子レンとラップの使い方と特性について
煮物は、しっかりピーンと張ってラップをかけて一般的な方法で加熱します。
この方法が一番、お皿が熱くなるので注意して下さいね。
■ポイント2
電子レンとラップの使い方と特性について
レンジは、端の方が加熱率が高いので、一つの場合は、端の方が良いのです。
複数の場合は、対角におきましょう。
■悪い例
電子レンとラップの使い方と特性について
逆に、一つの時に中心においたり、複数の時に、一カ所に固めておくのも良くありません。
{insta}
{sidemenu}